よかったねネッドくん 絵本おすすめレビュー(育児と絵本のブログ)

2008年03月12日

よかったねネッドくん

よかったねネッドくん

レミー チャーリップさん作、八木田 宜子さん翻訳。

英語と日本語の両方がのっていました。
楽しい絵本です。

英語で読み聞かせとかしている人におすすめ。
Fortunately,と Unfortunately,
が繰り返し出てきて、リズムがでて楽しいと思います。

私は日本語で読んだのですが、
「でーも たーいへーん」とか、
勝手に節をつけて読んでみたら、とても楽しかったです。



さて、
大福ですが、昨日の夜はなにが面白くなかったのか
「ねたくないー」と1時間ぐらい、ごねごねでした。

本人も悪かったなあと反省したのか、今日は
ぐずぐずせずに布団に入りました。




5分後、となりの部屋から大福の声。

「おかあさーん、昨日はごめんね。今日は、ひとりで寝てるよ」(←かわいいな。)


また5分後、

「おかあさーん、大福、がんばって一人で寝ているんだよ。みてみて」
(←仕方なしに見に行く。電気をつけて、「えらいねえ」などと、ほめたたえておく。ぐずぐずされるのに比べれば、ほめたたえる面倒臭さも我慢。我慢)


さらに5分後。

大福の大声が。
「おかあさーん。さっき、大福が寝ているのみたでしょう」
(←はやく寝ろよー!!)


「一人で寝ている大福は、かわいかったでしょー」




←しらねーよ!!

現在は、寝たもようです。


posted by 大福かあさん at 19:48| 3歳児向け絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。