まいごのペンギン 絵本おすすめレビュー(育児と絵本のブログ)

2008年03月10日

まいごのペンギン

まいごのペンギン

オリヴァー ジェファーズさんの絵本。
三辺 律子さん翻訳。

まったく知識がない状態で「表紙がいいなあ」ぐらいで
読み始めたのですが、

いいじゃないですかあー!!

大福かあさんは、この本をおすすめします!

物語は、いったいどこに落ち着くのか最後まで読まないとわかりません。どきどきしながら読みすすめました。

まいごのペンギンと男の子の話ですが、実際に読んでみてほしいです。

この本は、なんらかの「メッセージ」とか「教訓」として読むのではなく、絵本そのものを体験する、ということをおすすめします。
「これは○○の話だな」とか「人生において○○が大事だと作者はいいたいのだな」という読み方ではなく(つまり、「代用品」としての絵本でなく)、
絵本そのものを味会うこと、それが一番贅沢だと思うのですが、この絵本はそれを許容するだけの良質のものだと思います。


今回はベタほめでした〜。

本の絵のなかで、男の子のすむ家がでてきます。これが、アイルランドが舞台の映画でみたような家なんですよ。
「ピース・ピープル」とか「シャンプー台のむこうに」とか「ザ・コミットメンツ」とか、一時期、イギリス映画や、アイルランド映画が面白くて、みてたときがあったので「この雰囲気ー!」と思いました。

posted by 大福かあさん at 21:14| 3歳児向け絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。