絵本おすすめレビュー(育児と絵本のブログ)

2008年10月21日

またよくばりすぎたねこ

さとうわきこさんの絵本。

「よくばりすぎたねこ」の続編です。


さとうさんのユーモアの感じが大福の好みに
ぴったりらしく、ばばばあちゃんや
せんたくかあちゃんシリーズと同様、
このシリーズも何回も読みたがります。


一方、大福が好まない絵本のタイプ。
・恐いのがでてくる←鬼とか
・けんかする←友だち同士で、行き違いとか。
・いじめる、なかまはずれがある←最後に仲直りしても嫌らしい。「なかよくすればいいのにね」と不満顔。

親からすれば「そのぐらいいいだろうよ!!」


なんだけど。



大福は、保育園でも、争いごとを全く好まないタイプ。

先日、帰宅後。


大福が、

「ハルミちゃん(仮名)とブランコまで走ったの。そしたら、ハルミちゃんがね、ハルミが一番だよ、大福ちゃんは二番だよって言ったの」

と悲しそうにいいました。


私「ハルミちゃんのほうがはやくブランコについたっていうこと?」

大福(涙が、ぽろ)

私「ハルミちゃんがはやかったから、一番って言ったんでしょ。しょうがないんじゃないの?」
(そういう悔しさも大事だよ。次は速くはしれよ!)


大福「違うの」(しゃっくりをあげて、涙をぬぐっている)


私「二番でもいいんだよぉ。それよりご飯にしようよ」

大福「違うのお!!」(かたくなな様子)
←あれ?そういう話じゃないのか


私「じゃあ、大福のほうがはやかったのに、ハルミちゃんが、そういったの?」

大福「ち〜が〜う〜」(泣きじゃくる)

私「じゃあ、何なの」(めんどうだよ〜。話がよめない〜)



大福「ハルミちゃんと、

<一緒に一番>

ってしたかったのお!」



大福、世の中には、競争というものがあるのですよ…
大丈夫ですか…。
posted by 大福かあさん at 22:09| 3歳児向け絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。